FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~六番~

2012年08月15日 20:30

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

タカマです。

久々ですがデュオラジで。

今回はオレのバドミントン史、

高校編。

ちなみに前回のバド回⇒『羽遊人たちの邂逅』



DUORADIO 4
第29回
『羽遊人に来たる勝負の時』




~【BGM】Hero/Mariah Carey ~

2年生になる。

後輩が入ってくる。

同じ中学の後輩が2人入ってきた。

レギュラーを狙いながら、

後輩たちの脅威を退ける。

なんともまぁツラい学年よ。

そんな中、

GWに初の合宿が開催。

個々のスキルアップと、

スキルアセスメント

かなりしんどい内容だったが、

ダブルスのゲーム練習でいきなり先輩を破った。

これが顧問の目にとまり、

急遽、

インターハイ予選の、

個人戦レギュラー決めをすることに。

先輩たちからしたら、

ほとんど決まっていた枠が、

危ぶまれている状態。

緊張が走ったね。

でもこれはチャンスだった。

大会に出られるか出られないかで、

今後の意識も変わる。

勝負は昼メシの後。

枠は4つで、

2ペアは団体レギュラーのペアで確定。

残りの2枠を先輩たち2ペアと争う。

1勝がかなり大きい。

クジの結果、

初戦は先輩同士の試合に。

予想外に4番手のペアが3番手を、

下してしまった。

次はその負けたペアとの試合。

つまり、

勝てば出場権を得られる。

午前中の試合練習では、

両ペアに勝っているとはいえ、

この総当たり戦の、

先輩たちの顔つきはまるで違う。

でもオレだって、

試合に出たい気持ちは強い。

そして試合。

1セット目を取られ、

2セット目を奪い、

ファイナルの攻防。

中盤、

オレらが優勢になった時、

相手の顔を見た。

今にも崩れそうな顔つきに、

オレのメンタルがブレた。

その相方はシングルスでの団体レギュラー。

負けても団体戦がある。

それだけでなく、

来年も出られるという立場。

留学して学年が1つおちてるからね。

でも先輩は違う。

ここで負けたら試合がない。

出る前に夏が終わるのだ。

そんなことを思うと、

戦意が揺らいでしまった。

結局、

同情がプレーに影響して、

負けた。

最大のチャンスを逃した。

勝負の世界に、

要らぬ同情を感じ、

ホントにアホだと思う。

続く試合に勝てば、

まだチャンスが残っていたものの、

1勝したことで勢いに乗った先輩に、

ファイナルで屈した。

完全に怖気づいた。

つくづくメンタルが弱いと痛感した。



最初のナンバー、

GReeeeNで、

『Pride』―――



シングル化はされてませんが、

今年の甲子園の、

テーマソングになってます。

夏いね。



さて、

インターハイ予選も終わり、

新チームの発足。

オレらの代の始まりだね。

またしてもオレのレギュラーポジションは、

確定ではない。

微妙なライン

1ヶ月の成果次第だ。

ここで再び転機が。

顧問が明らかにペアリングを変えて、

試している。

実際、

考えられる最強の構成で、

団体を組むのがセオリー

そこはオレも納得だ。

でもこれまでのペアを崩されるのは、

イヤだった。

そんな想いも虚しく、

ペアは変わった。

オレの相方は後輩で、

同じ中学でよく知る奴。

何より不安だったのは、

そいつが団体でシングルスの枠で、

出場するのが濃厚だったことだ。

団体のシングルスレギュラーと組む、

シックスマンだった。

バスケでいうシックスマンは、

良いポジションだが、

バドでいうシックスマンは、
(滅多に言わない)

悲しきポジション

交代というものがない以上、

シックスマンが試合に出ることは、

ほぼない。

先輩たちもそうだった。

そんな光景を目にして、

絶対に避けたいと思っていたが、

神はオレに試練を与えたようだ。

これって言いかえれば、

青春なんだよな。

当時は微塵も思わなかったけど。

新人戦は難なく、

個人戦に出場出来たわけで。

ただ、

引退まであと、

半年近くだった。



それではこの辺で。

高校編は、

次でラスト。

ホント長いよ、

スパンが。

エンディングは、

FUNKY MONKEY BABYSで、

『あとひとつ』―――



次回配信は、

8月下旬の予定です。



したっ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://xeotakama0820.blog111.fc2.com/tb.php/762-0e36c863
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。