FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~既読~

2011年08月15日 02:50

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

タカマです。

デュオラジ始めまーす。

今回は日本が誇れる文化、

マンガについて話していきたいと思います。



DUORADIO 2
第17回
『マンガの話をしよう:夏』




~【BGM】夏空グラフィティ/いきものがかり ~

ハイ、

てことで、

マンガですよ。

皆さん読みます?

まぁ半々な感じだよね。

いいんです、

別に。

みんな違って、

みんないい、

です。

オレも読むと言っても、

女の子推し全開のマンガは、

断固読まんよ。

他にも結構ね、

敬遠マンガ多いで。

それなのにマンガについて語るのだ。

ネタバレを含む可能性が、

かなり高いで、

そこら辺はご理解よろしくお願いします。



さて、

まずは現在も連載中・続刊中で、

既読のマンガを。

推しメンならぬ、

推しマンから、

話していきます。

『バクマン。』



高い画力を持つ“真城 最高”と、

文才に長ける“高木 秋人”が、

コンビを組み、

新たなマンガ伝説を創る。

険しいマンガ道を歩む、

サクセスストーリーだ。

ヒロインの“亜豆 美保”がね、

可愛いのよ。

そしてライバルである“新妻 エイジ”が、

ストーリーを盛り上げている。

他にも同世代のライバルがいて、

彼らの存在も忘れてはならない。

ちなみにオレもね、

昔はマンガ家になりたいと思っていたわけよ。

うん。

ライバルになんてなれないケド。

うん。

最新巻である14巻―――



新たに名乗りを上げたライバル、

七峰 透”が登場する。

売れる為には手段を選ばない、

新時代の怪物との対決が、

展開される。

彼は、

まさに現代っ子

プライド?

何それ?

って言うタイプですね。

ちなみにオレには、

しっかりとしたプライドありますから。



それでは一曲目いきます。

今井 美樹で、

『PRIDE』―――



ということで、

バクマン。が気になった方、

書店へGOです。



推しマンは2ついこうと思ったけど、

前置きが長なってもたからな。

次は、

読んでみたいマンガについて。

『ぼくらの』



あらすじを読んだ感じは、

ロボットが出るSF

以前、

作者である鬼頭 莫宏の読切マンガが、

ジャンプスクエアにて掲載されて、

それがあまりにも面白かったわけよ。

『彼の殺人計画』っていうタイトル。

失礼かもやけど、

絵は上手いとは言えず、

ストーリーにリズムがなく、

セリフまわしも普通。

だけどラストで、

ニヤけてしまった。

バクマン的に言うなら、

シリアスな笑いだ。

今まで見たことがないマンガやった。

だから作者の名前を覚えてて、

書店で『ぼくらの』を見た時に、

読みたいって思った。

でも買わなかった。

財布と相談したんだな。

ちなみにもう連載は終わってるみたい。

全11巻。

今後も財布と相談だな。



『荒川アンダー ザ ブリッジ』



弟に、

このドラマ面白いからと一緒に見てから。

以前から、

このマンガがあるのは知ってたし、

ドラマ化するにあたって、

実写は可能なのかなどと、

ニュースになってたのも知ってた。

でも読んだことはなかった。

むしろマンガに関しては、

カバーイラストに、

一貫性がないということくらいしか、

知らなかったと言っていい。

ギャグマンガなのかと思ってたけど、

ラブコメみたいだね。

わかんねぇけど。

主人公“リク”のツッコミがいいんだよね、

マジで。

ドラマに関して言えば、

”役の山田 孝之が、

いい味出してる。

原作のマンガ、

読んでみたいです。



それでは今回はこの辺で終わります。

エンディングは、

1ヶ月限定復活している、

ZONEで、

『約束 ~August,10years later~』―――



次回配信は、

8月末の予定です。



したっ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://xeotakama0820.blog111.fc2.com/tb.php/712-f6a2aba3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。